アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
ん??11年目じゃなく1..
by papillon9999 at 13:57
たんぽぽさん,あけまして..
by papillon9999 at 13:55
新年あけましておめでとう..
by たんぽぽ at 15:19
うーん,せっかく花道を用..
by papillon9999 at 06:59
最新のトラックバック
さようなら,オバマ
from アルバイシンの丘
大衆迎合主義の精神構造
from たんぽぽの礼拝堂
米大統領選の警告と教訓
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トランプと民進党は類似?
from たんぽぽの礼拝堂
トランプ現象を考える・続
from アルバイシンの丘
ユダヤ人とは何か(3)続..
from アルバイシンの丘
参院選・1人区で野党健闘
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
ああ,宇都宮さん!もうい..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
韓国・鎮海にて
 韓国の山は鮮やかな緑ではなく,何となく 灰茶にくすんでいる.朝鮮動乱の際に焼けたからとか,オンドルのために枯れ木が必要だから,とか言われるが,本当の理由は知らない.その山々がきれいなピンクに染まる季節がある.



桜の季節だ.韓国の桜はもともと植民地時代に日本人が植えたものらしいが,日本と違ってどういうわけか山々の中腹の自然の中に多い.そのため,山のあちこちでお化粧が,まるでポッと頬を染めるように始まるのだ.f0036720_18511442.jpg
 2年前に韓国南岸・鎮海へ行った.昔の日本人はチンカイと読み,韓国個別音はジンへ,現地人はジネと発音する.4月初め,ちょうど桜の真っ最中であった.父方の親戚のじいさんばあさんに母,総勢6名様ご一行だ.(写真は鎮海駅)
 鎮海は旧日本海軍の軍港である.それで一般日本人もこの町に多く住んでいたらしい.父方の一族もその一部であった.当時子供だったじいさんばあさん達は,あの世へ行く前にもう一度だけ子供時代を過ごした鎮海へ行きたい,行きたい,と念願していて,それがやっと実現したのだ.残念ながら父は先年他界し,遺影を持って母が参加した.一族は終戦直前に日本へ帰り,その後両親が結婚することになる.
 何で子供である私が付き合うことになったかというと,私は30回ほど韓国へ行っており,韓国のベテランだと思われたからである.実は韓国には親しくして頂いている大御所,崔先生がいる.年は17~8歳近く離れているが,どういうわけか私をいつも酒の相手にして下さる.こうなったいきさつはいずれ書くことになるが,ともかくその崔先生に「ぜひ連れて来なさい」,と何度も言われてようやく実現させたのだった.大変世話好きだ.いや,そうではなく,韓国人はお互いに世話になったり,手間や迷惑を掛け合うことが親愛の証なのだ.私がその中に含められているらしいことは,生涯の宝であると思っている.
 博多港からビートルで釜山まで行ったら,釜山港に車2台で待っていてくれた.なにしろよちよち歩きの小団体だから,これはありがたかった.このあと,鎮海を含む3泊4日の南海岸一周旅行となる,その始まりであった.(この紀行文もいずれ載せたいが,だんだん記憶が遠ざかっている.早くまとめないといけない.)
f0036720_18393028.jpg 鎮海の桜は見事であった.港とは反対側の山側に桜並木がある.快晴の青空の中,桜のトンネルがうねうねと山の中腹に続く.もうすでに夥しい数の花びらが,暖かい南風に乗って舞い散っていた.花のトンネルの中で上を見上げると,花のピンクが青空の中で透き通っていた.ちょうど,このブログの写真そのもののようなイメージを描いてもらえればいい.ある意味最高の瞬間に行き逢ったようだった.その時の桜の写真が確かにあるはずなんだが,今はどうしても見つけ出せない.どうしても見つけ出すからまた見てほしい.
 ところで,このときにも例の作品ができた.しかし,これという決定版がない.いずれもイマイチかなあと思いつつ,ここに載せてしまった.ちょっと見てもらえば幸いである.
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-11 13:20 | 済み | Comments(4)
Commented at 2008-05-15 13:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-05-15 18:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by papillon9999 at 2008-05-16 09:13
匿名さま  ひょっとしたら隣組だったかも知れませんね.
残念ながら現地の旅行社はよくは知らないのです.お役に立てず済みません.でも国内の旅行社も喜んで相談に乗るのではありませんか?チャーター車の手配も相談してはいかがでしょう?
ある旅行社サイトも発見しましたが,責任を持てるわけではありませんので公開は控えます.
Commented at 2008-05-16 12:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。