アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近の10記事
トップページ
・この選挙は安倍晋三には政権を担う資格があるかを問う選挙だ!
・安倍の応援がひどい,警察権力と直接的暴力の脅威
・小池が第二自民だと見抜いて大騒ぎした人へ
・もう遅いが投票時に!非自民の優勢な候補へ一票を投じよう!
・目標はただ一つ,安倍一狂政治の打倒だ!『希望』の逆利用を!
・安倍の方が小池の何十倍も恐いのだ!
・前原は希望との合意を撤回せよ
・枝野新党に欠けているもの
・野党共闘の新会派名は「生活と平和」が良い!
・リベラルは選挙用会派「生活と憲法」を起ち上げ,安倍政権を倒そう!
・小池と安倍の極右の違い(リベラルは動揺するな!)
・日本初の女性首相への野心!
・まずは日本国清掃内閣樹立を目指そう!
・国難突破解散とはよくぞ言った!
・森友・加計ファースト総選挙
・共産党へのお願い
・茨城県知事選も愚行の繰返し
・民進党代表選,どう考えるべきか
・小池都知事は慇懃な緑の蛙
・北朝鮮ミサイルに対する安倍晋三の矛盾
・『神国日本』と『白人至上主義』と『選民意識』の似て非なる処
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
美奈 考え杉さま 大明..
by papillon9999 at 23:10
Oh mother te..
by 美奈 考え杉 at 14:20
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
最高裁にこそ裁判員を!(1)
 今,わが国初の裁判員裁判が進行中である。その様子を見る意味もあってこの記事を書きかけながらだいぶ放っておいた。しかし,今回の裁判だけの成否だけに左右されない問題点がいろいろありそうなので,パピヨンなりにまとめておく。
 裁判員裁判の批判の論理は各地でなされているだろう。それらをあまり勉強してないので,パピヨンの知らない優れた反対論拠は当然あるものと思う。少しだけネットを見て探し出したのが次のサイトである。



  裁判員制度 ここが問題!

 ここには裁判員裁判の批判論拠がわかりやすく説明されていて,大いに参考になるが,裁判員裁判の理念の矛盾が非常にたくさんあって驚かされる。何にしても,今導入しようと躍起になっている人たちの欺瞞性が明らかにされ,裁判員裁判の正当性が乏しいものであることが露わになっている。
 本記事では,このような理念の矛盾や制度の欠陥について,このサイトを参考にしながら,二番煎じでながら簡単にまとめておく。

 1.三審制の否定,実質的形骸化

 最も重大な問題はこれではないだろうか。何しろ憲法違反問題が絡んでくるからである。上記サイトによると,『最高裁は、控訴審の在り方として、第一審(裁判員裁判)の結果を尊重するという方向性を示している』そうである。
 これは制度の矛盾を覆い隠す苦肉の策としか言いようのないものである。論理矛盾が露骨に現れている。すなわち,第一審の判断を控訴審で覆したら,「市民感覚」を専門の裁判官が覆すという意味になり,それが積み重なる可能性が高い。そうなると導入の大義名分が消え去ると恐れるのである。
 それなら道は二つ。上級審にも裁判員裁判を導入するか,第一審尊重となるしかなかったのだ。ところが,第一審尊重となると憲法76条違反の疑いが出てくる。一つは三審制崩壊であり,もう一つは,裁判官は独立した良心のみによって判断すべきことを,第一審に影響されるからである。(陪審員制度もこの観点から憲法違反となる疑いが濃い。)
 最高裁は上告理由(不適性)を以って,上告を棄却することを浸透させているが,すでに三審制を実質形骸化させているのである。このような「市民感覚のない」最高裁こそ,市民参加が必要ではないか。本記事のタイトルの所以の一つである。
 どうしても裁判員制度を実施するのなら,上告審まで裁判員制度を貫かねばならないジレンマを本質的に抱えているのである。ところが最高裁はその特権意識から,その場所を市民には開放することは絶対にない。ここに大きなごまかしがあると言える。
 
 2.裁判の手抜き

 裁判の当事者にとっては,理念なんかよりもこちらがより直截的に影響するが,何と言っても裁判がこれまでよりはるかに手抜きされる,という面はどうしても否めないだろう。
 まず,裁判の短さ。最初の最高裁の宣伝で,裁判員の拘束期間は3・4日ということを聞いて,直感的に裁判が短すぎると思ったものだ。実際に始まってみて,予定通り今日で実質審理は終了,明日は評決が下されることになっている。やはり,あまりにも短すぎる。
 考えてみればわかる。鑑定書の熟読と判断,現場検証,被告と被害者の関係に関する情状,そういうことをやるには全く時間的に不十分である。
 量刑にも迷うだろう。しかし,思う存分迷う時間は許されない。エイヤっで決めなければならないだろう。今回の裁判では幸いなことに事実認定を争う余地はないようである。もしこれが事実認定を争う裁判であればどうなる。裁判員の判断は自発的なものとは決してなりえない。検察の筋書きに取り込まれるか,弁護士の印象操作に魂を奪われるか,いずれかだ。判断の容易な裁判であれば判断に迷うことはないだろうが,すると裁判員でなくても良い。市民感覚などいらないからだ。
 裁判員裁判とは,このような手続きを経て判決が下される代物である。これが裁判の手抜きでなくて何と言えばいいのか。
 これまでの裁判は異常に長かった。しかし,異常に長かった裁判を裁判員制度で正常化する,という理屈は成り立たない。裁判員制度でなければ適切化できないという問題ではないのだから。弁護士と裁判官と検察のすべての怠慢の故である。(何しろ,数分で終わる公判というのがざらにあるんだから!)

 結局,裁判員制度とは,裁判所ではなく『国民同士で刑を決めていいよ』と国民に負託した(投げた)ものと解するべきなのかもしれない。そうであればこれはお上の特権意識の表われともいえよう。つまりは,個々の国民の運命(懲役とか死刑とか無罪とか)などには関心が無いということだ。上告理由が相当するものかどうかの形式的な判断のみに関心があるのだ。それと行政の悪法に対して,憲法判断になじまない,という託宣を並べることくらいか。

 すると,市民感覚が一番必要な所は最高裁だということではないか!

 時間がないのでとりあえずここでアップ。プライバシー問題やその他の論理矛盾点を書いて見ます。
[PR]
by papillon9999 | 2009-08-04 21:55 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/11662568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 「猫の教室」 平和のため.. at 2009-08-06 05:34
タイトル : 今日は、広島原爆忌
今日は、広島原爆忌である。 この日に合わせて、安倍の腰ぎんちゃくをしたおかげで空幕長にまでなった、国賊・田母神が、広島で核武装論を中心にした講演を行うと言う。 (参考:http://kurokawashigeru.air-nifty.com/blog/2009/06/62986-abcf.html) 人の心がわからない..... more
Tracked from 米流時評 at 2009-08-07 11:11
タイトル : 帰郷・独房生活140日の悪夢の果てに
 ||| W e l c o m e H o m e |||  米人記者2名 140日間の独房生活から一転して喜びの帰郷、家族と感激の再会  ビル・クリントン24時間の米人流刑囚奪還作戦、金正日の恩赦で成功裡に帰国 米国では3月の事件発生以来しばしば報道されてきた、米人女性レポーター2名の北朝鮮越境逮捕と拘留。国務省では、核・ミサイル問題の最中でもあり、最悪のタイミングに起きた不法入国事件を、なるべく事を荒立てないように、ひそかに解放交渉を進めてきたようである。 その間米人の大方の...... more