アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近の10記事
トップページ
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
今日大学を歩いていたら教..
by marron at 12:42
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
悲壮!麻生さん(政局七不思議)
 ここへ来て自民党の麻生降ろしは凄まじい様相を見せている・・・と書き始めてしばらく経った。するとだいぶ風向きが変わってきたようだ。「麻生降ろし」に対する逆批判が勢いを取り戻してきているのだ。一つは,河村官房長官による,「非公認もありうる」という警告。これは中川秀直らによる別立てマニフェストを作ろうとする動きをけん制したものだという。



 もう一つは,都議団による,「反麻生批判」。そもそも,都議団には都議選で敗れたのは,麻生降ろしのせいだという認識がある。内閣支持率が低いなら低いなりに組織力で戦って,負けを最小限にとどめようという腹積もりだったのが,テレビで勝手な麻生批判を自民党国会議員が繰り広げたことがどんなに悪影響を及ぼしたか計り知れないと指摘する。それともう一つは東国原知事擁立劇の無様さである。

 なんともみっともないの一言である。今さら選挙が戦えないなんて,ご都合主義もいいとこ。都議選の敗退の責任は麻生さん一人ではないはず・・・なあーんていってみてもつまらんからやめておく。

 ところで,あの武部元幹事長が久しぶりに活躍しておられた。ずいぶん久しぶりだ。あの日本を壊してしまった小泉構造改革の大番頭だったことももう忘れかけていたが。
 なんと,麻生総理に対して,『徳性がない』だの『恥を知らない』などとのたまっている。いや,それ自身は当たっているかもしれないが,自分は『特性があり,恥を知る人間だ』ということかな?しかし,そんなことはありえない。忘れちゃいないんだから,あの偽メール事件!ちゃんと記事にして取ってあるんだから!偽メール事件 初川柳(2006年 03月 05日)
 そこで一句できた!

  「徳のない 総理を責める 恥知らず」

 ところで,今回の自民党のどたばた劇を見ていて,いろいろ不思議なことに気がつく。結局は自分に都合がよければ何だって有り,の世界だから政界に不思議はない,というべきなのかもしれないが,素朴なパピヨンにとってはやはり不思議だ。それを七不思議の形でまとめておく。

 1.第一の謎は,今回,小池百合子の動静が表に出なかったことを挙げる。ひょっとしたら,総裁選の隠し目玉だったのかもしれない。中川氏は自分が総理候補になることではなく,小池総裁を狙ったのかもしれない。あんなに矢面に立ったら,自分は総裁にはならないということだろう。
 小池総裁だったら小泉陣営の傀儡にしやすいというほかに,強烈なインパクトがある。史上初の女性総理誕生!というサプライズが!これは,初の黒人大統領,オバマ誕生にあやかった戦略になる。これは確かに民主党に吹いている風がどうなるかわからないではないか。

 2.森喜郎さんって,どうしてあんなに存在感があるのだろう?いや,存在感の有る立場に立てるのだろう?というべきかな。総理在任中は麻生さんといい勝負のキャラだったと思うのだけど。単に大派閥の領袖だからなのか?どうもそれだけではなさそうなのだ。自民党七不思議のナンバーワンはこれだが,今回は一位を小池さんに譲った。

 3.中川秀直,武部勤,小泉の代理というべき両氏のしつこい麻生批判も,よく考えるといくら小池総裁実現を目指すためとはいえ,とても不思議。確かに選挙が戦えないとする心配はわかる。小泉チルドレンが軒並み危ういこともわかる。しかし,党を割るほどの抵抗はきわめて異常だ。これは決して芝居ではない。中川氏が麻生氏の居る前で麻生退陣を求めた時はさすがの中川氏も糸が切れるような緊張感が伴っていた。
 これは決して自民党全体のためではない。党を割っては元も子もないからだ。自分達,小泉陣営のためなのだ。よほど小泉竹中時代の汚い膿が隠されているのか,と邪推せざるを得ない。

 4.加藤元幹事長の行動がとても不思議だった。元々反郵政,反小泉で通っていたはずだが,今回は中川,武部という小泉代理と仲良く共闘。加藤の意図がわからん。まさか,前倒し総裁選で自分にお呼びがかかると思ったわけでもあるまいに。第四の謎だ。

 5.反郵政を貫き,反郵政を貫けなかった裏切りの麻生総理と袂を分かった鳩山邦夫前総務大臣が,郵政推進組の渡辺喜美や中川グループとくっつき,麻生降ろしに与するのも不思議。郵政推進グループとは一線を画した批判というものがあるだろう。

 6.古賀誠選対委員長の行動も謎だった。東国原知事の擁立劇の一方の主役。一体だれが仕掛けた擁立劇だったのだろう。古賀氏本人だろうか?それにしても不可解なタイミングでの辞任は麻生さんにとってプラスではない。麻生さんの何かにキレタのだろうか?

 7.七不思議ということで,形を整えるために無理に七つ目をこしらえてみよう。伊藤公介の姿がテレビにチラッと映った。まだいたのか,という不思議。この方も大変恥知らずな方ですよ,多摩地区の皆さん。この方が選挙に強いというのを七番目の不思議としよう。

 とにかく,麻生さんがかわいそうなのは,小泉・竹中時代の汚い膿や澱の後始末にも苦労していることである。麻生内閣だけの責任ではないのですよ,自民党の皆さん!いや,国民の皆さん!

 なにはともあれ,月曜日に無事に解散となりますように!
[PR]
by papillon9999 | 2009-07-18 17:26 | Trackback(18) | Comments(0)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/11536101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 雑感 at 2009-07-18 20:55
タイトル : 八代英太氏・新党大地から出馬
  朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、時事通信 、日刊スポーツが伝え、読売と産経は伝えないとう奇妙な記事。  なぜなんでしょうかね? 伝える価値のない事なんでしょうかね? 昨年11月28日に催された新党大地の勉強会に、八代英太氏(帝京平成大学教授)が招かれていて、大地党員から「ぜひ次期衆院選で「大地」から出馬を」という話があったことは知ってはいた。 又、昨年小沢氏の東京12区への国替えの噂が流れた時には、「小沢氏が私に代わって自公に対抗してくれるなら、 もちろん応援します」と早くも全面協力の姿勢さえ...... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2009-07-19 01:23
タイトル : 自民3648人集団離党+市民連帯の声明+共産党新方針+日..
ナカなkにぎやかになってきた総選挙関係四題です。 ①自民3648人集団離党…長崎... more
Tracked from ポラリス−ある日本共産党.. at 2009-07-19 01:30
タイトル : ポラリスが共産党中央委員会にに読まれている!
共産党の解散・総選挙にのぞむ基本的立場が発表されました。 これはかなりの方針変更又は方針の発展です。 民主党政権には「行動する是々非々」で臨み「建設的野党」で行くとのことです。 一番「発展」ぎ..... more
Tracked from 散策 at 2009-07-19 11:05
タイトル : 【総選挙】保坂展人さん(杉並)戸倉多香子さん(山口)の激..
昨日、他のかたのブログで与党議員のかたの演説を拝見していて、「白紙委任」という言葉に反応してしまいました。こんな民主党に白紙委任ができるのか、という趣旨です。... more
Tracked from 米流時評 at 2009-07-19 18:19
タイトル : ジャカルタホテル爆破テロ主犯は逃亡中のテロリスト
   ||| 怪しい客の友だちはアルカイダ |||  ホテル爆破テロ首謀者は逃亡中のマレーシア人テロリスト、ヌルディン・トップ  捜査当局はアルカイダ系イスラム過激派ジャマア・イスラミヤ分派の犯行と断定 米国時間 2009年7月18日 | インドネシア・ジャカルタ発 | AP通信ニュース速報 インドネシアの首都ジャカルタを代表する米国資本の5スター級ラグジュアリーホテル、JWマリオットとリッツカールトン・ジャカルタは、17日朝自爆テロの襲撃でホテルの一部を爆破され、死者8名、負傷者5...... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2009-07-20 00:52
タイトル : 三郷の熱い夏
三郷の正しい農村風景です... more
Tracked from 「猫の教室」 平和のため.. at 2009-07-20 05:39
タイトル : 民主党は、風に頼らず、気を引き締めて勝利せよ
昨日の記事は、連休の中日と言うこともあり、アクセスが急減した。その中で。FKさんから、「今の時点での民主党批判はやめた方がよい」という趣旨のコメントをいただいた。 もちろん私も政権交代を望んでおり、その中心になるのは民主党であると考えている。ただ、同じ支持..... more
Tracked from カゲのブログ at 2009-07-20 16:46
タイトル : バカタロー解散
{/eto_tora/}おい、タロー。 {/eto_saru/}ん〜? 誰や? {/eto_tora/}ワシやがな、ワシ。忘れたか? {/eto_saru/}あれ、じいちゃんやんけ。えらい久しぶりやなぁ。何十年ぶりやろか。元気しとったけ? {/eto_tora/}あほ。元気なわけないやんけ。ワシはとうに死んどるがな。 {/eto_saru/}あぁそやったそやった。寝ぼけとって、つい現実を忘れてしまいよったわ。 {/eto_tora/}まぁ、そりゃぁ現実を忘れたなる気持ちも分かるけどな。おま...... more
Tracked from 米流時評 at 2009-07-20 21:15
タイトル : 過激派テロのターゲットは欧米資本と外国人ツーリスト
   ||| 狙われる外国人VIPツーリスト |||  アジア地区のイスラム過激派テロ組織、ジャマーイスラミヤ、ラシュカレタイバ  アルカイダ系テロ組織のターゲットは、欧米資本高級ホテルと外国人ツーリスト ジョージ・W・ブッシュの1期目2001年の9/11同時テロ攻撃に対する復讐戦としてはじまったテロ戦争「War on Terror」。通常は戦闘の相手となる国家の名前が冠せられる戦争で「Terror=テロ」という概念自体が敵という、前代未聞の漠然とした戦争の定義づけが成されてしまった。...... more
Tracked from 雑感 at 2009-07-21 07:30
タイトル : 最高裁判所裁判官国民審査
  今日 21日に麻生さんも「年貢の納め時」と言うか、本人が「逃げ疲れた」というか.......とうとう解散をするようだ。 逃げ疲れて、「私は逃げない」と言い出したのかわわからないが解散をするようだ。もっとも殆ど任期満了で解散の意味をなさないことも確かなのだが。まぁ~、 「逃げ疲れ解散」 というところでしょうか。  選挙のことは、粛々と自分がやるべきことやればよろしいだけで、風任せの選挙なんぞする気もない。ところがマスコミは民主党に風が吹いていると言う。自民党政権を嫌っていると言う。どうもマスコミは...... more
Tracked from 雑感 at 2009-07-22 15:21
タイトル : 国民に問うのは政党の責任力です
  国民に問うのは政党の責任力です! By 麻生太郎 瞬間風速で国政が決まってしまうほど国民につけを回すことはない! By 佐藤ゆかり 自公は、何か一つでも責任を取ったのであろうか? 郵政選挙の瞬間風速で国政が決まったことを忘れたような口ぶりは如何なものか? いやはやムチャクチャな話をしだしたものだ。 米国に追従して経済も、国防も言いなりのくせに、政権交代が起きそうだと、「国防はどうするんだ」と言い出す。 予算関連は、税金が足りなくなったら、赤字国債をバンバン発行し、消費税の議論をはじめるのは何処の...... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2009-07-23 00:02
タイトル : 黒き太陽
短歌8首です。 黒き太陽 ... more
Tracked from 雑感 at 2009-07-23 14:55
タイトル : 「嘘も1000回言うと本当になる」By自民党
  野党の審議拒否で船舶検査法案成立が出来なかった との記事がWEB上でも残り、又自民党も言い立てている。 はたして本当にそうなのだろうか(笑  日曜日(19日)の朝、討論番組モドキをみていた。特に自民党細田幹事長の厚顔無恥さにはあきれ返った。  「野党の審議拒否で船舶検査法案成立が出来なかった」と言い立てていたのだが、よく考えると 自民党の言い訳 に過ぎないことがわかる。 そもそも、 麻生氏は14日には解散をする予定でいた事は知られている。つまり、14日解散と言う事は、「船舶検査法案成立」は、はじ...... more
Tracked from 米流時評 at 2009-07-24 09:03
タイトル : 黄昏のラプター・F22廃止、軍産複合体に半世紀目の楔
   ||| 軍産複合体 半世紀目の黄昏 |||  米軍 F-22ラプターの生産中止は、米国に跋扈した軍産複合体 解体への第一歩か  アイゼンハワー半世紀の悲願「米国の主権を軍需産業に渡すな」をオバマが実現 今回のF-22発注停止の時事をどう見るかで、各自の立ち位置が明確に見えることに気づいた。ネオコンタカ派は、当然軍事予算縮小を実行に移すオバマ政権を「米国の防衛力を弱体化する」と非難する。  一方リベラルのハト派はもちろん、中道穏健派にとっては、  半世紀近い平和への悲願が現...... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2009-07-25 10:26
タイトル : インターネットTV実験放送とマスコミ九条の会企画の案内
インターネットTV実験放送とマスコミ九条の会企画の案内です。 ... more
Tracked from 米流時評 at 2009-07-25 14:00
タイトル : また墜ちた!イラン2度目の旅客機事故で17名死亡
  ||| アーリア航空着陸事故で17名死亡 |||  イランで今月2度目のジェット旅客機事故、着陸時に滑走路ランオフで17名死亡  イラン航空墜落事故で168名全員死亡から、わずか10日目のアーリア航空の惨事 また墜ちました。イランの旅客ジェット。 先回はわずか10日前で、イラン航空の旅客機が離陸に失敗し墜落。 搭乗の168名全員が死亡の大惨事。原因未だ捜査中。 で、今回はアーリア航空という、これもまたイランの民間旅客機。  今回の事故は、墜落ではなく着陸時に、ランディン...... more
Tracked from 「猫の教室」 平和のため.. at 2009-07-26 05:25
タイトル : 細田幹事長、麻生首相、相次ぐ失言
まぁ、麻生のほうのは、意味はわからないでもないとは思うけど、表現方法が下手と言うか何というか・・・・。 自民党は再度、舌禍で支持を落としそうだ。 まず、一昨日、細田幹事長が、「漢字が読めないとか、そういうことで騒ぐ国民は、その程度」という発言をして、す..... more
Tracked from 米流時評 at 2009-07-30 07:12
タイトル : テヘランは革命前夜か?イラン独裁体制からの脱出
    ||| テヘランは革命前夜か? |||  グリーン革命とイランの未来『ニューズウィーク』ファリード・ザカリア時評  革命は成功するのか? 米国はどう出るか? イラン危機はどう展開するのか?  先週ウォール街では終値が9000ポイント以上を記録し、 昨年1月の平均株価にまで1年半ぶりで回復した。 週刊誌は ニューズウィークでも タイムでも、 「不況は終わった」とか「空前の中古住宅市場ブーム」とか、 ようやく朗報が聴かれつつある。(どちらも両誌のサイトコラムで)  オ...... more