アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近の10記事
最新のコメント
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
ユダヤ人とは何か(3)続・選民
 シリーズ記事(3)は「建国運動」の巻の予定だったが,前巻(2)を眺めていたら或ることに突然気がついた.それで,『選民思想』というものをもう少し補強しておかねばならないと思い,予定変更してこの巻を急遽挿入する.



 パピヨンは前巻(2)において,何気なく次のように書いてしまった.

 『苦難の道を歩むようにヤハウェによって命じられた民のことである.そして契約によってそれを受け入れた民.』

 この記述は微妙に違うものがあって,非常に問題があると思う.その微妙な違和感とは,『命じられた』と『契約』【注1】とは矛盾していないだろうか,ということだ.この点をもう少し吟味補強しておきたい.(パピヨンごときがストーリーを描いてみても,なかなか一筋縄で説明できるものではない【注2】.旧約聖書は複雑怪奇である(^o^)/)
 前記事(2)にも書いた,アブラハムと神との「契約」.これは一体どのようなものだったのだろうか.これに関する記述はパピヨンが見るところ以下の3箇所にある.(新共同訳より)
 創世記12章:アブラム(アブラハムとなる前の俗名)の召命と移住
 創世記17章:契約と割礼.このとき,ヤハウェからアブラハムと名乗るように言われる.99歳の時.
 創世記22章:アブラハムとなってからの初子イサクを生け贄として捧げるよう,ヤハウェに試される.

 創世記の記述は実に素っ気ない.この「契約」という概念がなんとも理解困難である.「選民」ということを考える際にこのこと=「契約の理解」がより重要な意味を持つものと思われる.前巻(2)では不十分であったと思うのだ.
 これがなぜ,「契約」であって,「神の命令」と「それへの服従」ではないのだろうか

 パピヨンの解釈はこうだ.アブラハムはヤハウェの真理,正当性,倫理の正しさ,等々に心の底から恐れ入って,真心から認め,そうと分かったからにはヤハウェに従うのが逃れられない運命だと感じたに違いない.そして次のように言ったはずだ.

 『これからそれを実践し世に伝えるための苦難の民となります』

 これは「契約」(contract, agreement) と言うより,「宣明」(declaration) と言った方が良い,あるいはそれよりも「誓い」(vow, oath)といった方が良いかも知れない,アブラハムからすればそのようなものではなかったのだろうか?そうするとこれには大きな意味の違いが存在している.
 創世記の記述は実に素っ気ない.「私(ヤハウェ)に従うことはとてつもない苦難の道なのだぞ(それでもいいのか?)」,というヤハウェの威しがどこにも書かれていないし,アブラハムの「苦渋の決断」へのプロセスも書かれてない.
 しかし,このようなものがあったはずであるあったと考えると解釈が極めてスムーズにいく.そうでないと「契約」と「選民」の整合的な説明が成り立たないのである.
 そのようにしてアブラハムはその大変な苦難の道を選択したのであった.この意味で,『選民』とは,神から選ばれたのではなく,自らその道をんだをも意味するのかもしれない.
 ヤハウェはその「誓い」と引き換えに厳かに告げるのである.

 『・・・それならばお前とお前の子孫を豊かに祝福しよう・・・』

 神とユダヤ人の祖が結んだ「契約」とはこのようなものではなかったのだろうか?つまり,市民社会のような対等な取引条件という意味ではなくて,『対価』のようなものではなかっただろうか.

 ところで,ヤハウェは一度「契約」しておきながら(創世記17章),アブラハムを再度試すのである(同22章の息子イサクの生け贄要求.)一度契約した後にまた究極的な試しを行うのは何とも情けない気がする.
 神の物語として首尾一貫していない,というべきなのかも知れないし,何か神学的な説明が遠の昔についていることなのかも知れない.でもパピヨンの孤独な研究ではこれ以上どうにもならない.(^o^)/^^^^^^^

【注1】 「契約」とは市民社会の契約と一緒の概念だろうか?という疑問を昔からパピヨンは持っていた.この「契約概念」は欧米社会を切るときの一つの道具となっている(権利ばかり主張するという社会の象徴として見られる).概して東洋対西洋といった二元論者によって悪者扱いされるが,神とアブラハムとの「契約」はその起源と目されるのである.しかし,どうもそうではなさそうである.続きを読んでください.

【注2】 何しろ,旧約聖書(ヘブライ聖書)は何人ものラビたちの手によって書かれ続けたものだから,完璧な一つに統一されているとはいえないのである.有名な話に,J資料とP資料がある.それぞれヤハウェの性格が異なっているのだ.すなわち,J資料の流れではヤハウェは人間味のある愛に満ちた神の姿,P資料の流れでは超越神としてきわめて厳格な神の姿として描かれる.
[PR]
by papillon9999 | 2009-02-08 23:55 | Trackback(5) | Comments(1)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/10302140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 米流時評 at 2009-02-09 19:30
タイトル : アルカイダとオバマ/パキスタン諜報部 ISIのCHANGE
   ||| アルカイダとISIのCHANGE |||  パキスタン陸軍諜報機関ISIにもCHANGE、動揺するアルカイダの内部対立  政府軍の米軍協力討伐作戦強化で、アフガン東部国境地帯へタリバンが逆流 テロ戦争に関しては、イラク戦争と違ってオバマは100%反対ではない。というよりもむしろ、タリバンの残党とアルカイダのトップ2、オサマ・ビンラディンとザワヒリが棲息すると見られる、アフガニスタンの東とパキスタンの西の、いわゆるタリバニスタンと俗称される地域にある本拠地をピンポイントで攻撃...... more
Tracked from 米流時評 at 2009-02-10 21:00
タイトル : テロ戦争の内幕/ビンラディンとブッシュの危険な関係
 ||| ビンラディンとブッシュの危険な関係 ||| 今だから言える、オサマ・ビンラディン一族とブッシュ家のテロ戦争の危険な関係 テロ戦争に関しては、イラク戦争と違ってオバマは100%反対ではない。というよりもむしろ、タリバンの残党とアルカイダのトップ2、オサマ・ビンラディンとザワヒリが棲息すると見られる、アフガニスタンの東とパキスタンの西の、いわゆるタリバニスタンと俗称される地域にある本拠地をピンポイントで攻撃すべきであると、2007年の段階から主張していた。 ▶『米流時評』200...... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2009-03-13 23:45
タイトル : 「白洲次郎と「ベニスの商人」2
昨日書いた記事で紹介したベニスの商人のボーシャの言葉を図書館で調べて見た。 それ... more
Tracked from ポラリス−ある日本共産党.. at 2009-03-15 00:27
タイトル : 志位さんは東大工学部で超電導の研究
正義者ぶって組織防衛を最優先したか? で天木直人氏を批判したことに多くの反響が寄せられた。 大脇道場さんが天木批判の文章を書いてくれた 以外の頂いたトラックバックから紹介します。 dj19の日記 ぎ..... more
Tracked from アルバイシンの丘 at 2017-08-29 13:48
タイトル : 『神国日本』と『白人至上主義』と『選民意識』の似て非なる処
 標題の三つの”思想”(実は主観的妄想)はメンタリティが非常によく似通っていると思う人は多いだろう。同じ心性が民族毎に違った花を咲かせたような感じ,といえばわかり易く伝わると思う。でも実は違ったところも多くありそうである。軽く,話題提供してみたい。... more
Commented at 2009-02-09 19:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。