アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
ん??11年目じゃなく1..
by papillon9999 at 13:57
たんぽぽさん,あけまして..
by papillon9999 at 13:55
最新のトラックバック
神輿に載った晋三さんのソ..
from アルバイシンの丘
さようなら,オバマ
from アルバイシンの丘
大衆迎合主義の精神構造
from たんぽぽの礼拝堂
米大統領選の警告と教訓
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トランプと民進党は類似?
from たんぽぽの礼拝堂
トランプ現象を考える・続
from アルバイシンの丘
ユダヤ人とは何か(3)続..
from アルバイシンの丘
参院選・1人区で野党健闘
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
ああ,宇都宮さん!もうい..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
ユダヤ人とは何か(2)選民思想
 ユダヤ教徒たちが持っていると信じられている「選民思想」,「選民意識」.それ自体は確かに間違いなさそうだ.ところが,それは反ユダヤ,あるいは非ユダヤが考えているものとはまったく違うものであった.



f0036720_19385195.jpg
 反ユダヤ主義者が信じている「選民思想」とは次のようなものである.
(1) 神がある民族を選ぶということは,神がその民族を最も優れていると思ったからである.
(2) ユダヤ人・イスラエル民族はそれを真に受けて,自分たちが最も優れた民族であると思っている.
(3) だから,ユダヤ人・イスラエル民族は「自分たちは世界を指導しなければならない」という使命感を持っている.

 これらがその通りであれば選民思想はカルト的な「思想」であるといわざるを得ない.しかし実際には微妙に間違っていて,微妙なくせに大きな違いをもたらす.反ユダヤ主義者はそれがわかっているから,「選民思想」をこのようなものだと宣伝し,ユダヤ人憎悪を煽り立てるのである.
 前記事で紹介した本・「ユダヤ人はなぜ迫害されたか」(以下,「迫害」と書く)に拠れば(56ページ),その悪意の究極的なものがかの悪名高き偽書,『シオン長老の議定書』【注1】である.この偽書はヒトラーを筆頭とする反ユダヤ主義者たちに思う存分利用されたという.

 さて,選民思想というものが上に書いたようなものではないことは「迫害」に書いてあるが,その論証は論理的に正当なものだとパピヨンは判断する.それを紹介しよう.

 1.旧約聖書には,ユダヤ人・民族が優秀だから選んだ,とはどこにも書かれていない.むしろ,「どの民よりも貧弱であったから」(申命記7.7)と書かれている.
 2.ヤハウェがその民を選んだ理由はアブラハムの子孫だからである.ヤハウェはそのアブラハムと契約を交わしたが,それのために選んだ理由はヤハウェの倫理と唯一神であることを最初に信仰したからに過ぎない.
 3.そのアブラハムは一メソポタミア人に過ぎなかった.
 4.アブラハムのように異教徒たちが改宗してヤハウェに帰依したらすべてユダヤ人として扱われる.例えばルツ記にもそれをみることができる.つまり特定の民族を選んだという意味ではない.
 5.すなわち,選民とは人種によってではなく宗教によって定義付けられた集団に対してのことであり,人種の優劣を意味するはずがない.キリスト教徒の人種は,と問うのが滑稽なのと似ている.

 以上に関する「迫害」の記述部分を引用して示しておく.(57ページより)
===============
 ・・・ヘブライ聖書は,選民がユダヤ人の優秀性あるいは特権を意味するとは述べていないし,ほのめかしてもいない.聖書は繰り返し,ユダヤ人が本質的にすぐれた資質のために選ばれたのではないことをわざわざ宣言している.すべての民族は神の前では平等である.・・・
  ・・・
 ユダヤ人の選民思想を,人種上の優位性の教義であると理解してはならないもう一つの理由は,ユダヤ人についてにしろ人種についてにしろ,いかなる既存の定義によっても,ユダヤ人とは人種ではないからだ.ユダヤ人にはあらゆる人種の人々がいる.ユダヤ人とは,人種によってではなく,宗教によって定義された民族であるからだ【注2】.だから,いかなる人種,国籍を問わず誰もがユダヤ人になることができ,そのことによって選ばれた民となる.このユダヤ人の使命を引き受ける者は,誰であれ,選ばれた民の一員となり得る.すべての人が選ばれた民になり得るのであるから,この選民思想は人種的であろうはずがない.・・・キリスト教徒の人種について話すようなものである.ユダヤ人とは一メソポタミア人であったアブラハムの子孫である.アブラハムをユダヤ人にさせたものは生物学上の血ではなくその信仰であった.
===============


 だとするならば選民は一体なにをする民なのであろうか.それは苦難の道を歩むようにヤハウェによって命じられた民のことである.そして契約によってそれを受け入れた民.
 どういう苦難なのか.それはヤハウェの命ずる倫理の世界をこの世に知らしめこの世で実践するためである【注3】.
 確かに,ユダヤ教徒はこの世の生活は禁欲的でヤハウェへの信仰に生きている.そして確かにユダヤ人たちのこの世における高い倫理【注4】に満ちた生活実践によって,世界は唯一神ヤハウェの存在を知り,ヤハウェの命じる倫理を知ることができたのである.

 次回は建国運動について書く予定です.イスラエル問題は宗教問題ではないという趣旨になります.

【注1】 「迫害」61ページに詳しく書いてある.それによると,1903年,ロシアの修道僧セルゲイ・ニールスによって書かれた.シオン長老と呼ばれるユダヤ人たちがキリスト教世界を支配しようと陰謀している,という趣旨のことが書かれている.この議定書は1921年にロンドンタイムズ誌によって完全な偽造文書であることが論証された.しかし,反ユダヤ主義者たちはそれを無視して利用し続けた.ロスチャイルド家やロックフェラー家の陰謀説などもこの派生・変形バージョンかもしれない(パピヨンの想像).

【注2】 ユダヤ人という集団には明らかに人種的な特徴を備えていると感じる面もある.例えば鷲鼻のような(サルトルの本に出てくる表現)特徴である.しかし,もっと白人的な容貌の人もいればアラブ人と見分けがつかないようなユダヤ人もいる.パピヨンが想像するに,もしある程度の人種的な特徴がユダヤ人と呼ばれる集団に見られるとしたら,それは恐らく結果的なものだろう.つまり,ヤハウェの一神教を受け入れるのは,以前からユダヤ人と触れ合う人々でないと無理であって(日本人にはほとんど不可能だろう),結果的に似たような人々の集団が出来上がったのではないか.それでも此処に例示しただけで3種類も存在する.

【注3】 以前の記事,科学と道徳シリーズ(1)~(4)でパピヨンは道徳基準を先に誰かが与えるべきか,作り上げるべきかを考察し,作り上げるべきことを書いた.ヤハウェの倫理基準を先に戴くユダヤ教徒(というより宗教全般)の行き方はこれと逆の方向であるといえる.
 また,キリスト教は新たな楽園のためにこの世を信仰で生きるのに対し,ユダヤ教はこの世で倫理の高い世を実践するという違いがある.旧約聖書には永遠の楽園の約束などどこにも書いてないのである.

【注4】 そのような高い倫理を標榜するのに,どうしてあのようなガザ無差別攻撃ができるのか.これにはヤハウェも怒ってさらに罰することだろう.
[PR]
by papillon9999 | 2009-02-03 20:37 | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/10266715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 米流時評 at 2009-02-05 16:21
タイトル : オバマの戦争と平和・テロ戦争とロシアのUターン
   ||| オバマとロシアのテロ戦争と平和 ||| オバマ政権のテロ戦争対策に援軍の名乗りを上げた、ロシアのアフガン・リターン 昨日の記事では、北の金殿が健在ぶりをアピールするような核の脅しを発声し、相変わらずの狼少年ぶりを発揮したレポートだったが、今日はロシアからのプロポーズである。言わずもがなで、オバマ新政権に対して。 どういうことかという詳細はこの下の記事本文でお読みいただくが、端的に平たく言うと、「アフアガンはロシアにまかせろ」と切り出したのだ。 これはこの地域のこれまでの経...... more
Tracked from 米流時評 at 2009-02-06 19:18
タイトル : メドベージェフとオバマ/ユーラシア防衛とキルギスタン
    ||| メドベージェフのプロポーザル ||| メドベージェフ大統領、オバマ新政権に中央アジア防衛上の全面的協力を声明 キルギスタン米軍基地撤退など、旧ソ連盟邦国へのロシア防衛力浸透を意図か 前号のまえがき「オバマの戦争と平和・テロ戦争とロシアのUターン」からの続き 地政学上ロシアと中東・南アジアの間に横たわる中央アジアは、ユーラシアの回廊として常に覇権攻略の対象となってきた。 カザクスタンの地政学上の重要性と埋蔵地下資源を認識してクリントン元大統領が強力なコネクションを結...... more
Tracked from アルバイシンの丘 at 2016-07-30 08:24
タイトル : ユダヤ人とは何か(3)続・選民
 シリーズ記事(3)は「建国運動」の巻の予定だったが,前巻(2)を眺めていたら或ることに突然気がついた.それで,『選民思想』というものをもう少し補強しておかねばならないと思い,予定変更してこの巻を急遽挿入する. パピヨンは前巻(2)において,何気なく次のように書いてしまった. 『苦難の道を歩むようにヤハウェによって命じられた民のことである.そして契約によってそれを受け入れた民.』 この記述は微妙に違うものがあって,非常に問題があると思う.その微妙な違和感とは,『命じられた』と『契約』【注1】とは矛盾...... more
Commented by kyusedai at 2009-02-08 11:42 x
 これはなかなか勉強になります。
イスラエルとアラブの闘い、やはり宗教が根底に存在していることは確かなことだとなのでしょうが、日本人の私から見れば、アラブ社会は聖俗一致というか聖俗分離がなされてないというか、いとも簡単に若者が聖戦に命を捧げるその社会性・宗教性に理解が及ばないところです。
Commented by papillon9999 at 2009-02-09 17:40
アラブ社会もいくつもの派に分裂してしまい,現世での覇権を争うレベルに陥っています.
聖戦に命を捧げる若者は純宗教的マインドですが,それを煽る指導者達はすでに宗教マインドではなく権力欲と経済欲に支配された俗人たちでしょう.