アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
ん??11年目じゃなく1..
by papillon9999 at 13:57
たんぽぽさん,あけまして..
by papillon9999 at 13:55
新年あけましておめでとう..
by たんぽぽ at 15:19
うーん,せっかく花道を用..
by papillon9999 at 06:59
最新のトラックバック
さようなら,オバマ
from アルバイシンの丘
大衆迎合主義の精神構造
from たんぽぽの礼拝堂
米大統領選の警告と教訓
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トランプと民進党は類似?
from たんぽぽの礼拝堂
トランプ現象を考える・続
from アルバイシンの丘
ユダヤ人とは何か(3)続..
from アルバイシンの丘
参院選・1人区で野党健闘
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
ああ,宇都宮さん!もうい..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
横綱審議会が品格とは笑止!
 本日は朝青龍問題で偉そうに能書きを垂れている横綱審議会を腐しながら,派生する無責任相撲談義をお楽しみください.



1.横綱審議会って何だ?

 横綱審議会って一体何なんだ?と思っている人は多いのではないだろうか.何の権限があるのか知らないが,横綱の品格とやらをエラそうにぶち上げている.特によく聞こえるのがあの内館なんとかさん.お仕事は何だったのかな?せいぜい作家かシナリオライターかといったとこだろうね,そういう人がなんでエラそうに言える立場なんだろう???
 それも言い分をよく聞いてみると(よく憶えていないが(^o^)/^^^^^^^),殆どが単に個人的な好き嫌いに帰せられるものばかりではないか(多分そうだ!).まったく,PTAのおばさんと一緒だ!(女性への偏見と取られるのは本意ではない.すみません.)

 それからかの海老沢勝治!この御仁が品格云々を言える立場かっての!!パピヨンはまだブログ始めた最初の頃,おずおずと次のような記事を書いた.

   NHK民営化の動きと受信料2006年 01月 26日

 この男は記事にも書いたようにお辞儀一つちゃんとできない男なんだぜ!NHK会長時代,不祥事その他で何度か画面に出てお詫びのお辞儀をするハメになったのだが,お辞儀はホンノ10度ぐらいしか身体を傾けない!(ああ,証拠映像があるといいのになあ・・)
 こんな男が懸賞金を左手で受取るなとか(これは内館だったかも知れんが)ガッツポーズは不謹慎だとか言える立場か!大体,なんでこんな男が入っているのだ!まったく!

 大体,こいつらは朝青龍や白鳳の非日本人ばかりが強いことが悔しいのであろう.ならば,なぜ不甲斐ない日本人力士どもをどやしつけないのだ!
 横綱審議会だから非横綱には権限がない?そんなことはなかろう.次の横綱を育てることは必要だろ?適当に番付を上下して引退までそこそこの給料をもらってチンタラ時間を稼ぐ,そんな料簡だからちっとも強くならんのだ.朝青龍に対して悔しいんだったらそういうチンタラ野郎どもに檄を飛ばすことをやったらどうだ.千代大海だの雅山だの名前だけいっぱしのいいのを付けておきながら万年8勝7敗を繰り返す,こんなんだからちっとも面白くないんだ.

2.朝青龍

 さて,その朝青龍.パピヨンはあえて彼を支援する.あの闘志を全開して時間一杯の塩でまわしをバン!と叩く,あれが何とも爽快で良いではないか!
 優勝した瞬間のガッツポーズ,あれにも大拍手を贈ろう.あの時の屈託のない素晴らしい笑顔!何と印象的だっただろう.
 ところがたまたま帰省中の三女(二十歳過ぎて特に可愛くなったねぇお前!)がその天真爛漫な満身の喜び顔を眼にしたのだった.その娘が叫んだ!「グエ~~,見たくねえ~~~っ!!」
 なんと失礼な奴なんだ.まあ,気持はなんとなく想像できる.パピヨンにはとても可愛く見えたが,若い女性の見ようによってはそういう感情も起きるかも知れない「笑顔」だった.

 ところで,朝青龍にしても白鳳にしても,実はまだまだ弱い!.一見,豪快に勝っているから強そうに見えるが,実は本当に強い勝ち方はあんなんではない.「寄り切り」なのである.別に,相手を投げ飛ばす必要はなく,そのまま土俵の外へ持っていけばよいのだ.このような勝ち方ができた力士を知っている中で挙げれば,大鵬と千代の富士である.

3.大鵬と千代の富士

 ということで,この二人の話に入る.この二人は優勝回数が32回と31回で歴代の一位と二位である.そして両者同じ「寄り切り」と書いたが,二人の「寄り切り」はタイプが違う.
 大鵬の寄り切りは海が満ちてくる時のような寄り切りである.懐が深いというか,四つに組み合って,潮が満ちるように,相手はどうしようもなく土俵を割る,そんな感じの寄り切りである.
 これに対し,千代の富士の方は,左回しを浅く,右上手をがっちり掴んで,ぐーっと引き付けてそのまま電車道を走るように持って行く,電車型の寄り切りなのである.その強烈な引付けには巨漢力士も腰が伸びきってなすすべなく土俵の外へ運ばれていったのだ.
 歴代の相撲取りでパピヨンが最も好きな力士は千代の富士である.小兵なのに常に大型力士にがっぷりと組み合い,投げ合いを挑んでいた.そのためよく肩を脱臼して休場していたものだ.しかし,肩が強くなると大物の素質が一気に開花し,大横綱になったのである.
 現役中はしょっちゅう,八百長だの周囲が弱すぎるだの言われていたが,全くそんな心配はない.相撲が違うのだ.見ていて判らない人は相撲ファンのもぐりだ.
 貴花田(後の横綱貴乃花)が18歳の時に初めて対戦し,それに敗れて引退を決意した.まだまだ闘えたはずだが,そこですっぱりと引退.素晴らしい美学であった.頭を付けて勝つような相撲は取りたくないという美学.その美学が好きな人もいれば別の美学もあろう.それぞれの美学だけど,パピヨンはその美学が好きだというだけの話.
(福田や安倍のはスッパリとは言わないのだからね.あれは美学とは言わないよ.)

 一方の大鵬.巨人・大鵬・卵焼きと言われた時代の寵児だったが,パピヨンはアンチに廻っていた.ライバルの柏戸がいて,柏鵬時代と言われたが,まあ,月と鯨ぐらいの差があった.柏戸は結局最後まで腰高の欠点を克服できず,脆いガラスのような存在であった.
 その当時のひいきは特にいない.時々大鵬を破る力士によくやった!と叫んだくらいだ.その大鵬にも引退の時が来た.それは執拗なマスコミの嫌がらせの所為もあったと思う.(マスコミは麻生降ろしを執拗に言えよ!!)

4.栃錦と若乃花

 パピヨンが物心着いた頃の横綱は栃錦だった.親父が栃錦の大ファンになっていて,その家に生まれたパピヨンは自然と栃錦のファンとなる他はなかった.
 その栃錦は第44代横綱!この44代という数字はオバマ大統領と同じなのである.これを聞いた時にパピヨンはすぐに栃錦と同じだ!と気がついて感動・・はしないけど,すごいでしょう?
 親父がファンとなったきっかけは単に小兵(こひょうと読む)だから,と言う話を何度も親父から聞いた.引退間近の頃はかなり太っていたが,ホントに細かった.大体において,当時の相撲取りは食糧事情や日本人の体格そのものの所為で,今のような肉のお化けのような人は少なかったのだ.43代横綱鏡里や40貫を超える大起(おおだち と読む)が重い方,大内山と言うのが長身力士だった.

 栃錦のライバルと言われたのが初代若乃花.大関貴乃花は年の離れた弟と言われている.今の貴乃花とは叔父ー甥の関係になるのかな.若乃花も細かった.強靭なムチ,あるいはハガネをイメージすればよい.
 しかし,可哀想なことに若乃花は何の罪もないのに,親父の積年の敵役であった.栃錦を邪魔するからだ.パピヨンも自然とそうなった.今は積年の恨みも晴れて,親父は草葉の陰でくしゃみをしていることだろう.

 栃錦の強さは変幻の技巧.出し投げなど相手の力を利用した技が得意だった.一方の若乃花は強靭な下半身を武器に強烈な投げを得意とした.「よびもどし」という技は若乃花以外にだれかキメタことがあるだろうか?

5.そして現代

 そして今は朝青龍と白鳳の時代.(いま”はくほう”とすれば”白鳳”のみ変換され,”柏鵬”は出て来ない!時の流れにシミジミ・・・)
 繰り返すが白鳳も朝青龍もまだまだ弱い.特に白鳳はまだまだである.本当に強い力士とは柔の大鵬,剛の千代の富士となぞらえられるようになってからである.
 どちらかと言えば,朝青龍は小兵なので千代の富士型,白鳳は大鵬型となってよさそうだが,白鳳は何となく身体が硬そうである.もしそうでなければ,大鵬型を目指せばよいのだが.
 朝青龍はひと頃の千代の富士に似ていないこともない.あの感じを会得したら,今が優勝23回だから千代の富士の31回に届く可能性もないことはない.
 本音を言えば,千代の富士の優勝回数は抜いて欲しくない.これまで脅かしそうになったのは貴乃花だけど,22回でストップした.どこまで伸びていくのかという恐怖があったのだが,なんか自然と耐用年数が切れるように,うまくそのあたりで失速してくれた.

 最後に,土俵のしきたりについて一言.いろんなしきたりも時代を反映して変わってきた.相撲界だけではない.内館の個人的好き嫌いで言ってもらって困るのであって,しきたりが変わっていくのも何となくという空気と時々の大改革でかわるのは仕方のないことである.それを容認するかしないないは全体の許容感情に拠るだろう.
 これはちょうど宗教と同じだと考えることができそうだ.メガ宗教がはびこっていく時,土着宗教とうまく折り合いをつけて内部に巣食って行く.しかし,そこには本来の哲学とは微妙に違う妥協が生じているのではないだろうか.
 名前だけキリスト教,仏教,ヒンズー教,イスラム教なのだ.一神教はそれが崩れるのを極端に恐れる.だから偶像崇拝は絶対に禁止なのだ.今,それに合格するのはユダヤ教だけ
[PR]
by papillon9999 | 2009-01-30 00:01 | Comments(2)
Commented by ねがね at 2009-01-31 23:58 x
こんばんは、初めまして、めがねといいます。
大鵬ですね、大鵬。「大鵬の寄り切りは海が満ちてくる時のような寄り切りである.懐が深いというか,四つに組み合って,潮が満ちるように,相手はどうしようもなく土俵を割る,そんな感じの寄り切りである.」名文ですなー。全く、異議なしです。その大鵬が、立ち会いのぶつかりからはたいて勝つようになってしまい、直引退ということになりました(豊国に弱かったですな)。
ところで、外国人力士の参入を認めたところで、「しきたり→ルールではなくしきたり」については、諦めなきゃならなかったんじゃないですかね。文化に関係することだもの。親方を叱ったってどうしようもないですよね。朝潮君は気の毒です。
海老沢ってもしかして「委員長」だった?シラーーーー!
Commented by papillon9999 at 2009-02-01 10:39
ねがねさん,じゃなかった,めがねさん,どうも初めまして.
ああ,そうですか,大鵬が勝つために はたきだしたのですか,実はあまりよく覚えてなくて・・・あの頃はあまりよく見ていなかったのですね.アンチでしたから避けてたのかな.豊国はよく覚えています.
朝潮親方でなくてもし琴風親方だったら悲劇が生じたかもしれません 朝潮親方のおる意味アバウトなことで不幸中の幸いかも(^o^)/